『毎日が お祭り騒ぎ!?』

『毎日が お祭り騒ぎ!?』

今回は このようなタイトルを つけさせていただきました そんなこと あるわけないだろっ!という お声も聞こえてきそうですが 実は 不幸だと思っていた事が 幸せになる ヒントが この言葉に隠されていたんです 早速 本題へと 言いたいところですが その前に 私の 幼少期について お話しなければ なりません あれは まだ 私が 3才か4才のころ…… 時代は 昭和50年代…… 近所には まだ多くの 八百屋さん 肉屋さん 雑貨店など  個人事業主の方が商売をして 賑わっていた頃 甲府でも すこしはずれにいけば...
『毎日が お祭り騒ぎ!?』

『ゴレンジャーと僕』

あれは そう、まだ私が 4才か5才の頃 いまは亡き母がまだ 生きている頃… お正月に 母の姉 つまり叔母が お年玉を 千円くれた時の話である 。 当時は まだ千円札【伊藤博文】五百円札【板垣退助】もあり 千円もらった  私は以下の会話をしたのを 今でも覚えている 叔母『はい お年玉ね』 僕『ありがとう おばちゃん』 (いくらかな…あれれッ せんえんだ 僕『おばちゃん ぼくは ゴレンジャーのほんが ほしいから5ひゃくえんにかえてくれない だめ? (近所の雑貨店で500円だった)(そういえば消費税もなかったんだなぁ)...